高校生

関係代名詞の秘密!非制限用法と制限用法の使い分け

restrictive-vs-nonrestrictive
restrictive-vs-nonrestrictive

はじめに

関係代名詞は、先行詞と呼ばれる名詞や代名詞を修飾する役割を果たします。日本語に翻訳すると「~のもの」「~の人」などと訳されることが多いです。しかし、英語ではその使い方によって「非制限用法」と「制限用法」という二つの用法に分かれます。これらの違いを理解することで、より正確で自然な英文を書くことができるようになります。

使い方

非制限用法

  • 非制限用法は、先行詞の追加情報を提供する場合に使用されます。
  • この情報は文の主要な情報とは別物であり、省略しても文の意味は大きく変わりません。
  • 非制限用法では、関係代名詞の前にカンマが必要です。

制限用法

  • 制限用法は、先行詞を特定するための必要な情報を提供する場合に使用されます。
  • この情報がなければ、文の意味が曖昧になることがあります。
  • 制限用法では、関係代名詞の前にカンマを使用しないのが一般的です。

例文

非制限用法の例

  1. 彼女はパリに住んでいる、私の知っている唯一の人です。
  2. この本は、昨日買ったものです。

制限用法の例

  1. 男性は赤いシャツを着ている人は私の友達です。
  2. 私が昨日読んだ本は非常に面白かった。

練習問題

  1. 彼は私が学校で一緒に勉強していた人です。(非制限/制限)
  2. 女性は青いドレスを着ている人は私の妹です。(非制限/制限)
  3. この車は、私が昨年購入したものです。(非制限/制限)

解答

  1. 非制限用法
  2. 制限用法
  3. 非制限用法

まとめ

関係代名詞の非制限用法と制限用法は、英語文の意味やニュアンスを正確に伝えるための重要な要素です。今回の解説を元に、実際の文や会話の中での適切な使用法を身につけてください。