中学3年生

英語の否定疑問文の答え方を完全解説!初心者でも分かる実践ガイド

negative-question-answers-guide

はじめに

否定疑問文は、英語学習者にとって難しいテーマ性の一つです。しかし、基本的なルールを理解し、練習を重ねることで、自然に使えるようになることができます。この記事を通して、否定疑問文の理解を深め、実際の会話で使える力を身につけましょう。

使い方

英語の否定疑問文とは

否定疑問文は、疑問文に「not」を加えた形で、例えば「Don’t you like sushi?(お寿司は好きじゃないの?)」のような形になります。答え方が日本語とは逆になるため、注意が必要です。

答え方のルール

  • 肯定する場合:「はい、好きです。(Yes, I do)」
  • 否定する場合:「いいえ、好きではないです。(No, I don’t)」

日本語と英語では否定疑問文への「はい」「いいえ」が逆になることを覚えておきましょう。

「not」を無視するテクニック

否定疑問文で混乱しないための簡単な方法として、「not」を無視し、普通の疑問文に変換するテクニックがあります。これにより、答えやすくなります。

例文

否定疑問文の例

  • 「Don’t you like sushi?(お寿司は好きじゃないの?)」
  • 「Can’t you swim?(泳げないのですか?)」

付加疑問文の例

  • 「You liked that restaurant, didn’t you?(あのレストラン気に入ったでしょ?)」

付加疑問文も同様に、「not」を無視して考えることができます。

練習問題

  1. 「Don’t you want to go to the movies?」の正しい答え方は?
  2. 「Can’t you play the piano?」に対して、ピアノが弾ける場合の答えは?
  3. 「You don’t like coffee, do you?」に対して、コーヒーが好きな場合の答えは?

解答

  1. 肯定する場合:「Yes, I do」、否定する場合:「No, I don’t」
  2. 肯定する場合:「Yes, I can」、否定する場合:「No, I can’t」
  3. 肯定する場合:「Yes, I do」、否定する場合:「No, I don’t」

まとめ

英語の否定疑問文は、日本語とは逆の答え方が求められるため、初心者にとっては混乱しやすい部分です。しかし、基本的なルールを理解し、練習を重ねることで、自然に使えるようになることができます。この記事を通して、否定疑問文の理解を深め、実際の会話で使える力を身につけるための一歩としてください。