中学2年生

助動詞“must”徹底解説!使いこなしで英会話力UP

must
must

はじめに

英語を学ぶ上で、助動詞は重要な要素の一つです。中でも「must」は日常会話やビジネスシーンで頻繁に用いられる助動詞として知られています。この記事では「must」の基本的な使い方や意味、そしてその例文を通じて理解を深めるための情報を提供します。

使い方

基本的な意味

「must」は助動詞として使用され、主に以下の意味を持ちます。

  1. 強い義務や必要性:何かをする必要がある、またはしなければならないときに使用します。
  2. 確信:何かが事実であると確信しているときに使用します。

否定文

「must not」や「mustn’t」という形で使われ、何かをしてはいけない、または禁止されていることを表現します。

例文

強い義務や必要性を表す場合

  1. 子供は10時までに帰宅しなければならない。
    • Children must come home by 10 o’clock.
  2. 私たちはこのプロジェクトを期日までに終わらせなければならない。
    • We must finish this project by the deadline.

確信を表す場合

  1. それは彼のものであるはずだ。
    • That must be his.
  2. 彼女は怒っているはずだ。
    • She must be angry.

禁止を表す場合

  1. ここで写真を撮ってはいけない。
    • You must not take photos here.
  2. 子供はその薬を飲んではいけない。
    • Children mustn’t take that medicine.

練習問題

以下の日本語の文を英語に訳してください。

  1. 私たちはその秘密を誰にも言ってはいけない。
  2. 彼は今日、学校に来るはずだった。
  3. この地域では冬は寒くなるはずです。
  4. 彼女はその仕事を引き受けるはずだ。

解答

  1. We must not tell the secret to anyone.
  2. He must have come to school today.
  3. It must be cold in this area in winter.
  4. She must take on the job.

まとめ

英語の助動詞「must」は、強い義務や必要性、確信を表すために使用されます。また、禁止を示すときには「must not」や「mustn’t」という形で用いられます。日常会話やビジネスシーンで頻繁に使用されるため、しっかりと理解しておくことが重要です。