高校生

無生物主語完全解説! 英語文法で失敗しないコツ

inanimate-subject

はじめに

英語を学んでいると、特定の文法やフレーズに遭遇することがあります。その中の一つが「無生物主語」と呼ばれる文法現象です。初めてこの言葉を聞くと、何を指しているのかわかりづらいかもしれません。しかし、日常の英会話や文章で非常に頻繁に出てくる重要な要素です。この記事では、無生物主語の正しい使い方や理解を深めるためのヒントを詳しく解説します。

使い方

無生物主語は、英語の文中で「それ」といった非具体的な主語を指しています。日本語では主語を省略することが多いですが、英語では文の主語が必要です。そのため、具体的な主語が不明確な場合や、行為そのものを主語にしたい時に無生物主語を使用します。

基本的な形

  • It is + 形容詞 + to不定詞
  • It is + 形容詞 + that節

具体的な使い方

  1. 感情や感じることを表現するとき
    例:It is important to study every day. (毎日勉強することは重要です。)
  2. 天気や時間、距離を表現するとき
    例:It is raining outside. (外は雨が降っています。)

例文

無生物主語を使った文の例を以下に示します。

  1. It is difficult to explain this concept. (この概念を説明するのは難しいです。)
  2. It seems that he doesn’t understand the situation. (彼は状況を理解していないようです。)
  3. It took me two hours to finish the task. (その仕事を終わらせるのに2時間かかりました。)

練習問題

以下の日本語を英語に訳し、無生物主語を使ってください。

  1. この映画を見るのは面白いです。
  2. そのニュースを知るのは驚きました。
  3. ここから駅まで歩くのに15分かかります。

解答

  1. It is interesting to watch this movie.
  2. It was surprising to know that news.
  3. It takes 15 minutes to walk from here to the station.

まとめ

無生物主語は、英語を話す上で避けて通れない文法の一つです。日常の会話やビジネスのシーンでよく使われるので、しっかりと理解して使いこなしましょう。この記事を参考に、正しい使い方を身につけ、英語の表現力をさらにアップさせてください。