中学1年生

一般動詞の疑問文・否定文の説明と例文

はじめに

この記事では英語の基本的な要素である「一般動詞」を使用した疑問文と否定文について学んでいきます。一般動詞は英語を話す上で欠かせない要素であり、疑問文や否定文を作る際に重要な役割を果たします。

一般動詞の使い方

一般動詞は、主語が行動をする際の動作や状態を表現するために使います。疑問文では、文の最初に助動詞「do」を使い、主語と一般動詞を入れ替えることで疑問を表現します。否定文では助動詞「do not」または短縮形の「don’t」を使って文を否定します。

一般動詞の直接疑問文

直接疑問文では、文の最初に助動詞「do」を使ってYes/Noの疑問文を作ります。一般動詞は原形のまま使用します。助動詞「do」を主語に合わせて変化させることで、質問の対象を表現します。

直接疑問文の例を見てみましょう。

  • I play soccer. → Do I play soccer?
  • You like ice cream. → Do you like ice cream?
  • They study English. → Do they study English?

一般動詞の否定文

否定文では、助動詞「do not」または短縮形の「don’t」を使って文を否定します。一般動詞は原形のまま使用します。

否定文の例を見てみましょう。

  • I do not play soccer.(またはI don’t play soccer.)
  • You do not like ice cream.(またはYou don’t like ice cream.)
  • They do not study English.(またはThey don’t study English.)

練習問題

以下の文を読んで、空欄に適切な一般動詞と助動詞を入れてください。

(1) ____________ he like ice cream?(彼はアイスクリームが好きですか?)

(2) I ____________ want to go to the party.(私はパーティーに行きたくないです。)

(3) Why ____________ they study English?(なぜ彼らは英語を勉強するのですか?)

(4)She ____________ play the guitar.(彼女はギターを弾きます。)

(5) We ____________ have any milk.(私たちはミルクを持っていません。)

解答

(1)Does

(2) don’t

(3) do

(4) does

(5) don’t